ゲームだけして生きていたい!

管理人が様々なゲームの解説、攻略、日記みたいな事を書いていくブログです

アニメ感想 防振り

【アニメ】『防振り』 第1話 感想 ネタバレ有り

投稿日:1月 14, 2020 更新日:

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

通称『防振り

アニメを見てる方なら、まあ聞いたことあるであろう『小説家になろう』にて連載されている作品。

書籍版はシリーズ累計70万部突破、なろうはPV数8000万超えと、中々の人気作

どうやらコミックスも現在2巻まで連載されているみたいです。

ちなみに似たような発行部数でアニメ化した作品は、『お母好き』や『超余裕!』辺りだろうか

と言ってもこの2つは100万部なので実際には差があるが、『防振り』もこのアニメ化によって同じくらいの数値になるのではないだろうか。

原作を知っていた訳ではないが、なんとなく気になって1話を見てきたので、感想を書いていきます。

感想なので、ネタバレも含みます、嫌な人は気をつけてください。

 

第一話「防御特化と初戦闘。」

やはりラノベ流行りのいきなり俺つえー系統だった。

とりあえず一言で感想を言うならこんな感じかもしれません。

最近の作品で、いきなり俺つえー系だとなろう確定みたいな雰囲気のある自分の脳内ですが、その例に漏れずこの作品も同じ模様。

ちなみにあらすじはこんな感じ↓

本条楓は、友人の白峯理沙に勧められてVRMMO『NewWorld Online』をメイプルという名前でプレイを始めた。しかし、ゲーム初心者であるメイプルは「痛いのが嫌だ」という理由で不人気の大盾を選び、ステータスポイントも全て防御力に振る「極振り」をしてしまう。極振りしたせいで悪戦苦闘するメイプルだったが、そこから偶然が重なって様々なスキルを獲得し、レベルが上がるとそれで得たステータスポイントをすべて極振りすることを繰り返した結果、無敵の防御力を誇るようになる。さらにダンジョンで最奥にいる毒竜(ヒドラ)を奇想天外な方法で倒し、レア装備とレアスキルを獲得する。そして、第一回イベントで、レアスキルと驚異的な防御力で他のプレイヤーたちを悉く無傷で返り討ちにして見事三位の成績を収めたことで、一躍注目の的となる。その後、理沙ことサリーも参入し、様々なプレイヤー及び運営スタッフたちから注目されながらメイプルは『NewWorld Online』をプレイし続けていく。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%9B%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AF%E5%AB%8C%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%A7%E9%98%B2%E5%BE%A1%E5%8A%9B%E3%81%AB%E6%A5%B5%E6%8C%AF%E3%82%8A%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 という事で、最近でなろう流行りのもう1つ、転生系ではなかったようです。

本編が始まるとあらすじ通り、ごくごく普通の女の子がゲーマーの女友達に激オススメされて、流されるがままにゲームを始めるという流れ。

主人公は珍しく女の子、一般受けしにくいこの要素がどう作用するのかも気になる所。特に意味はないのかもしれないが、わざわざそうした可能性もあるので注目している。

所で主人公の声優さんが『本渡楓』さんという事で、実は結構好きな声優さんなんですよね、ちゃんと初めて知ったのは『ゾンビランドサガ』でした。

ちなみに主人公の名前が「本条楓」とよく似てる。

 

せっかくなのでとゲームを始める主人公、題名通り痛いのは嫌だからVIT(防御力)に全部ポイント振っちゃおう!と迷うこと無く極振り。

ゲームが開始されると、AGI(敏捷性)に全く降っていなかった為に移動が遅いという始末。

 ステータスが移動にも反映されるというシステムなようで、AGIに沢山振ってれば移動とかもかなり早くなるんだろうか。今度そういうキャラが出そうでもある

というか普通に攻撃力に極振りしてる人もいそうである、現実世界なら絶対にいる。 

 

 その後レベリングの為、フィールドに出てモンスターと戦う主人公。

破天荒な行動により次々と取得必須レベルのスキルを獲得しまくる。

 もはやギャグ、最初に出会った雑魚モンスターに1時間ただ立ち続け、ダメージのない攻撃を貰い続けて、モンスターを倒すでもなくレベルが上がることもなく、VIT2倍になるパッシブスキルを手に入れるというご都合展開。

レベル制限されておらずレベル1からいきなり手に入る辺りご都合と言わざるを得ない。

その後も更にVIT2倍になるスキルや毒耐性を手に入れるという、最強化が順調に進む。

 

ゲームを初めて2日目、他プレイヤーにレアアイテムがあるというダンジョンの話を聞き、まさかのソロ特攻

はたまた奇想天外な行動によりボスを撃破し、唯一無二のレアアイテムとレアスキルを手に入れる。

 といった所でアニメ1話は終了。

 

感想

 所々ツッコミの様な感想を入れていたが、改めて書かせていただきます。

1話の感想としては、所々主人公の言動などに可愛さを感じ良いなと思いましたが、どうしてもあまり考えられてない様なご都合が気になった。

アニメの尺的に端折られているかもしれないが、前に書いたとおりVIT2倍スキルを手に入れるのが簡単すぎる。

それを百歩譲ったとしても、毒耐性の進化速度が異常過ぎる、記憶が既に曖昧だが、ゲームを初めて2日目のレベル10あるかないかのプレイヤーが早々に毒無効手に入れてしまうのは、いくらなんでもご都合を通り過ぎて適当に感じてしまう。

せめて何回かやられてから耐性を手に入れて欲しかった、それくらいの尺は上手く作ればあっただろうし、転生でもなくどっかのデスゲームが始まっている訳でもない普通のゲームなのだから

ボスを倒す方法も、文字通りボスの体を食べていくという、普通の女の子の感性が無くなってしまったのかと思う奇行っぷり。なんでもアリか

とまあ良い方に言えばテンポの良いと言えるのか、いまいち面白い!と進めることのできない微妙1話でした。

ただギャグマンガの様な内容で進むこの作品は、主人公役の本渡楓さんの可愛らしい演技や悲鳴がとても合っており、他にもメインキャラクターっぽいのに杉山紀彰さんがいたりとまたしても好きな声優さんがいるという

キャラクターを見てる分には中々自分得な感じであったので、そこは嬉しい所ですね。

最初に言ってますが、俺つえー系はこれからが腕の見せどころだと思っているので、むしろ期待しているといっても過言ではないです。

-アニメ感想, 防振り
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【アニメ】『防振り』 第2話 感想 ネタバレ有り

書こう書こうと思ってだらだらと伸びてしまった『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』 通称『防振り』の第2話 早速感想書いていこうと思います! 第二話「防御特化とお友達。」 ついに1話に出 …